ペットフード安全法

ちょっと前まではペットフードを販売する時に具体的なルールがありませんでした。人間が食べるものには厳しいルールがありますがペットの食品にはルールがありませんでした。そういった状況を是正する為に誕生したのが「ペットフード安全法」です。法律によって安全性が維持され、安価だけど危険な食品は流通されなくなりました。

一昔前は原材料の掲載も不要だったため無法地帯な状況でした。3Dと呼ばれておりDead(死んだ)・Diseased(病気になった)・Disabled(負傷した)といった言葉も広まりました。ペットフードは人間用に育てられた家畜で使えなくなったものを使用して製造されていました。汚い話ですが、糞や尿も混ざっていた事例もあります。危険な食品を使って製造されていたので食べたペットが病気になった事例が増えました。健康被害が増えたために行政も法律を作って対応した経緯があります。

安全法の基本は商品を販売する製造業・輸入業・販売業が記録を帳簿につけることです。ペットフードに関わる業者は安全の為の知識を身につけることが必要になります。人間であれば当たり前ですが原材料の安全性を確保し表記する事も義務付けられました。仮に健康被害が発生した時の回収のルールなども含まれています。

関連資料≪https://www.jaguarcatfood.jp/≫
安全で高品質なキャットフードを販売している通販サイトです。