ペットフードの安全性

自分自身の食べるものは普段から健康的で安全なものを食べたい気持ちがあります。同じようにペットフードも安全なものを選びたいです。ちょっと怖い話ですが最近までペットフードに対して食品としての安全基準がありませんでした。同じ口に入れるものなのに安全基準がないのは怖い話です。安全に対しての基準がないためホームセンターなどに行くとビックリするくらい安いペットフードが販売されていました。

平成21年からは「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」が決まり、俗に言う「ペットフード安全法」が決まりました。この法律が誕生したことにより製造・輸入・販売に対しての厳しいルールが出来ました。ルールが出来たことで現在では安全性が保たれた環境になっています。

ペットフードの安全性は法律の誕生もありますが認知度は高くなっています。現在であれば法律も出来ているので普通に購入するには危険な商品を手にする事はありません。安全への関心は高まっていますので関連する資格制度などの整備も進んでいます。協会が資格制度を作ることで業界全体の安全性を高めようとしています。

販売店では資格制度を利用してショップの安全性を高めて、沢山の方に来てもらうことが狙いです。安全な商品を販売する事がメリットになる業界になってきました。専門家に解説してもらうのも良いですが自分自身で勉強するのも楽しいです。家族であるペットの食事についても安全で良いものを食べさせたい気持ちは強くなります。原材料など表記されている内容を理解できるとペットフードの選び方も変わってきます。少し勉強するだけで見え方が変わってきますので、そういった基本的な内容を紹介します。