ペットフードの資格

安全性への関心が高まったことで業界としても向上される動きが活発です。一般財団法人のペットフード協会では、ペットフード販売士認定制度があります。認定制度を持っていることで販売する時に正しい知識を紹介できますし、何よりも安心感や信頼感を与えることができます。

資格を取得すると店頭に販売士が在籍していることを表示する事ができます。また認定バッチを付ける事ができるので購入する時もバッチを見て質問ができます。認定制度には様々な方が参加しており小売業・卸売業が3割程度で、製造や営業関連のメーカーの方が3割、残りは学生やトリマー・シッターの方も合格者にいらっしゃいます。

協会では合わせてペットフード安全管理者認定講習会と試験も実施しています。こちらは製造する際の安全性を確保する為の知識などを勉強できます。製造する為の基礎知識なので、より専門的な話になっており参加する方も仕事して関わっている方が多いです。

資格制度も誕生してより安全性は高まっていますが添加物を控えたペットフードを選ぶことだったりと、より健康的なフードを選びたい気分になります。簡単な選び方だと無添加のペットフードを選ぶ方法があります。着色料・人工添加物・保存料・香料などケミカルな食材を使っていないのが特徴です。ペットの体調が心配だったり、最近なんだか体調が悪そうに見えるときは食事を変えるのは効果があるので選んでみては如何でしょうか。

ペットフード安全法

ちょっと前まではペットフードを販売する時に具体的なルールがありませんでした。人間が食べるものには厳しいルールがありますがペットの食品にはルールがありませんでした。そういった状況を是正する為に誕生したのが「ペットフード安全法」です。法律によって安全性が維持され、安価だけど危険な食品は流通されなくなりました。

一昔前は原材料の掲載も不要だったため無法地帯な状況でした。3Dと呼ばれておりDead(死んだ)・Diseased(病気になった)・Disabled(負傷した)といった言葉も広まりました。ペットフードは人間用に育てられた家畜で使えなくなったものを使用して製造されていました。汚い話ですが、糞や尿も混ざっていた事例もあります。危険な食品を使って製造されていたので食べたペットが病気になった事例が増えました。健康被害が増えたために行政も法律を作って対応した経緯があります。

安全法の基本は商品を販売する製造業・輸入業・販売業が記録を帳簿につけることです。ペットフードに関わる業者は安全の為の知識を身につけることが必要になります。人間であれば当たり前ですが原材料の安全性を確保し表記する事も義務付けられました。仮に健康被害が発生した時の回収のルールなども含まれています。

関連資料≪https://www.jaguarcatfood.jp/
安全で高品質なキャットフードを販売している通販サイトです。

ペットフードの安全性

自分自身の食べるものは普段から健康的で安全なものを食べたい気持ちがあります。同じようにペットフードも安全なものを選びたいです。ちょっと怖い話ですが最近までペットフードに対して食品としての安全基準がありませんでした。同じ口に入れるものなのに安全基準がないのは怖い話です。安全に対しての基準がないためホームセンターなどに行くとビックリするくらい安いペットフードが販売されていました。

平成21年からは「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」が決まり、俗に言う「ペットフード安全法」が決まりました。この法律が誕生したことにより製造・輸入・販売に対しての厳しいルールが出来ました。ルールが出来たことで現在では安全性が保たれた環境になっています。

ペットフードの安全性は法律の誕生もありますが認知度は高くなっています。現在であれば法律も出来ているので普通に購入するには危険な商品を手にする事はありません。安全への関心は高まっていますので関連する資格制度などの整備も進んでいます。協会が資格制度を作ることで業界全体の安全性を高めようとしています。

販売店では資格制度を利用してショップの安全性を高めて、沢山の方に来てもらうことが狙いです。安全な商品を販売する事がメリットになる業界になってきました。専門家に解説してもらうのも良いですが自分自身で勉強するのも楽しいです。家族であるペットの食事についても安全で良いものを食べさせたい気持ちは強くなります。原材料など表記されている内容を理解できるとペットフードの選び方も変わってきます。少し勉強するだけで見え方が変わってきますので、そういった基本的な内容を紹介します。